消費者金融でお金を借りる時の注意点

消費者金融でお金を借りる時の注意点として、総量規制や金利、借入額などがあります。

銀行のカードローンとは違い、消費者金融というのは、貸金業法という法律で個人の借り入れ総額は、年収の3分の1までに制限されていますから、申し込みのは必ず年収の3分の1以内にしておかないと、審査に通ることができません。
また、高額な借り入れを行った場合には、銀行カードローンに比べると金利が高くなるケースも多いため、消費者金融からの借り入れが本当にベストかどうかも十分検討してから申し込むことが大切です。

消費者金融のキャッシングに申し込んでも、審査に落ちてしまうという人がいます。
この審査に通らない理由として考えられるのは、金融事故を起こしている場合や、他社への申し込み記録が多い、クレジットカードの返済遅延や滞納、勤続年数が短いなどが考えられます。

公共料金や携帯の支払いなどを、クレジットカード払いにしている人も多いと思いますが、口座の残高不足によって、引き落としができないというケースもあります。
こういったクレジットカードの返済が遅延してしまったり、滞納するということを何度も繰り返していると、信用情報に登録されてしまい、審査に落ちてしまう原因となってしまいます。

また、安定した収入があれば、パートや学生でも申し込みをすることができますが、勤続年数が1年未満など短い場合には、審査に落ちてしまう可能性も高くなってしまいます。
そのほかにも、他社の借り入れ額が3社以上あるような場合には、信用度が低いと判断されてしまい、審査に通らないケースもありますから、できるだけ借り入れ先を少なくすることが大切です。

このように、消費者金融からお金を借りる時には、事前に自分が借り入れが可能かどうかをチェックすることが大切です。
また、消費者金融からの借り入れが続いていると、徐々に慣れてきてしまい、借りすぎてしまうというケースも少なくありません。

ただ、こういった場合、徐々に生活が圧迫されてしまいますから、借りすぎには十分注意し、計画的に返済することが大切です。