出張の多いサラリーマンは出張費用の立替にカードローンは不向き!

今やキャッシュレス時代に突入しており、様々な支払にクレジットカードが利用出来る社会になっています。キャッシュレス社会は支払だけでなく、企業内の出張費用や接待交際費の精算にも深く影響しています。最近では、出張費用や接待交際費を一時的に社員が立替し、後日銀行口座へ振り込みで生産するケースが増えています。

これらの費用は、クレジットカード決済出来る場合であれば問題はないものの、出張や接待が多い人ほどクレジットカード利用可能残高が直ぐに上限に達してしまいます。その結果、即日で契約から融資が出来る消費者金融のカードローン、万が一に備えて銀行カードローンを契約するという方法があるものの、自分自身が損をすることになってしまいます。

確かにカードローンで現金を借り入れ支払は出来るものの、利用した期間の利息は自分自身が負担することになってしまいます。例えば、10万円の立替金とすれば金利18%だとすると1週間で約345円となり、30日で1480円も負担することになってしまいます。特に毎月20万円や30万円も立替すると負担は大きく増加してしまいます。

カードローンは、いつでもどこでも借り入れが自由という利便性があるものの、利用に不向きなケースもあるため、最適なものを見極めることが重要になっています。また、企業側も社員に負担が生じないよう、キャッシュレス化に伴いどのようなリスクやデメリットがあるのか判断し、社内的なシステムを検討することが重要です。

少なからず、キャッシングを利用してまで立替させることが無いようにする必要があります。