学生時代飲み会前のキャッシング

大学生活、毎日のように飲み会の誘いがあった私。若さ故に、断る事も知らなかった為、どの会にも参加していました。アルバイトはしていましたが、バイト以外毎日飲み歩いていたら金欠が日常茶飯事。そこで頼ってみたのがキャッシング。正直、現金をこんなに簡単に借りれるとは思っていませんでした。

ATMからすぐに一万円札が出てくる仕組みに感動し、お金を借りている、という感覚がだんだん薄れていきました。ひと月の限度額はあっという間に使い果たし、アルバイトの給料が入ったら返済し、そしてまたすぐに借りる。そんな習慣がついてしまいました。今となっては危なっかしい思い出ですが、学生だからこその遊びも一生懸命だった苦く楽しい思い出。

クレジットカードのキャッシング枠!契約先によっては消費者金融よりも金利が低いケースも!

キャッシングローンの契約先と言えば、銀行や消費者金融そしてクレジット会社を考えます。金利面なら銀行カードローン、申し込みから融資までのスピードなら大手消費者金融を考えます。ですが、少額の利用限度枠ならクレジットカードのキャッシング枠の方が大手消費者金融よりも低い金利になるものもあります。

大手消費者金融の金利上限は18%と高く、無利息サービスの期間が過ぎると負担が大きくなります。しかし、クレジットカードの中にはキャッシングの適用金利が15%前後というものもあり、カードローンを契約するよりは負担が抑えられます。消費者金融のカードローンは、申し込み条件が非常に良い、取引上の信用が高いといった場合なら低い金利が期待できるものの、実際には上限金利での契約となるケースが多くなっています。もし、金利を重視するならクレジットカードのキャッシングの検討もおすすめです。

三井住友銀行カードローンでキャッシングをする前に把握しておきたい事は?

三井住友銀行カードローンは低金利で限度額の設定も高いので人気がある銀行カードローンの一つになっています。大手銀行のカードローンという事で利用する時の安心感も人気がある要因になっていると考えられますが、キャッシングをする前に把握しておきたい事もあるので確認していきましょう。

ここ数年で銀行カードローンでも振込キャッシングのサービスを導入するようになってきていて借り入れをする時にすごく便利な時代になっています。しかし三井住友銀行カードローンは振込キャッシングのサービスを提供していないので借り入れをする時はATMになります。振込キャッシングを利用して借り入れしたいと考えている人は不都合になってしまうのでキャッシングをする前に把握しておくようにしましょう。

初めてのキャッシングで注意すべきポイントは、返済方法

初めてのキャッシングで借入先を選ぶ場合のポイントの一つが、返済する際の利便性です。

キャッシングをした場合、借りたお金は毎月返していくことになり、ATMでの返済が最も多いようです。自社のATMを利用した場合は、手数料が無料になりますが、提携先の銀行やコンビニのATMを使うと、手数料が発生する金融機関は少なくありません。108円~216円程度ではあっても、毎月のこととなると1年間でランチ1,2回分の金額になります。

日ごろの行動範囲内に無料で利用できるATMがあることを重視して借入先を選ぶことで、手数料が節約できる他、支払いを忘れたり遅延したりする可能性も低くなります。

キャッシングの申し込みの際は、無事に借りることばかり考えてしまいますが、返済期間の方が遥かに長くなることを頭に入れて申込先を選ぶことも大切です。

キャッシングの利息は消費者金融会社によって異なる

貸金業法の下で運営されている消費者金融会社は、顧客のニーズに応える為に利用者が多いキャッシングサービスに力を入れています。キャッシングで借りたお金は、返済時に借入利率によって利息が計算されて、元金と利息を合算した金額が返済するべき金額となります。この借入利率が消費者金融会社によって異なりますので、その事を利用すれば、ユーザーは返済する時のお金を元金に近い金額で返済する事が出来ます。

キャッシングの利息は必ず発生しますので、ユーザーは計画的にキャッシングを利用するという工夫が必要であり、限度額内で何度も使えるからといって何回も利用しますと、毎回利息が発生してしまい、その分、ユーザーの負担になりますので、借り方を加減しながらキャッシングを使えば、キャッシングは便利なサービスとして使えます。

消費者金融は即日でお金を貸してくれるの?

お金がどうしても足りないときなどにお金を借りるのは決して悪いことではないです。サービスとして提供されているわけですから、消費者金融などでお金を借りるようにしましょう。最近では即日で貸してくれるところも珍しくはないです。即日で借りるためには身分証の提出とか或はこちらの情報を指定信用情報機関などに問い合わせて確認をとるための時間などに余裕がある必要性はあるでしょう。

ですから、大よそではありますが午前中には申込みをしたほうが良いです。店舗タイプでは特にそれがいえます。逆にネット系であればもう少し遅くても大丈夫と言う所はあったりします。もちろん、業者によって違う事になりますから一概に言えることではないです。

キャッシングサービスの返済方法

キャッシングサービスは現金がピンチの時に頼りになるとても便利なサービスです。キャッシングサービスを利用して借りたお金の返済方法は、翌月一括払い・分割払い・リボ払いなどがあります。大口融資に比べて金利の高いキャッシングサービスによる借り入れの場合、基本的には翌月一括払いでの返済が理想です。

しかし、一括での返済が難しい人は、一回の借入金額ごとに何回かに分けて返済する分割払いと、毎月一定の返済額を決めるリボ払いによる返済方法があります。資金管理と返済計画がしっかりとしていれば一括返済に比べてメリットがあるかもしれませんが、返済が長期になるとその間高い金利を払い続けていることになるので注意が必要です。

キャッシング審査もAIが行う時代!? 迅速性にプラス作用も

いわゆる消費者金融、キャッシングの審査というのは、無担保無保証で行うのが原則です。つまり、誰が連帯保証人になっているのか、何を担保にするのかといった不確定な要素を計算に入れず、本人の収入や仕事歴などから返済能力を判断し、融資の可否やその金額を決めていくという形になっています。

送られてくるデータの正確性をどの程度厳重に考えるかの差はありますが、基本的には機械的な判断が主になる部分が少なくないからか、AIによる審査を試みている企業も出てきているようです。人間の信用能力を人工知能に任せるというのは何ともSF的で不安に感じなくもないですが、現在よりもはるかに迅速で正確性のある審査がなされ、利便性が上がるということも考えられます。

いずれにせよ、キャッシングの現場がより進化していっているのは間違いないところだと言えるでしょう。

学生ローンのキャッシングの審査でバイト先についてどこまで聞かれる?

学生がキャッシングをしたいとき、アルバイト収入が不安定・少額と判断されてしまうと大手消費者金融の審査はなかなか通らないものです。そんな時に頼りになるのが中小の学生専門の消費者金融、いわゆる学生ローンです。

どこも10年以上の営業実績のある業者ばかりですので安心して利用できますが、もちろんバイト先についての審査が簡易ではありますが入ります。バイト先に直接電話するケースは非常に稀れですが、バイト先を電話で偽ってもたいていばれてしまうので注意してください。

相手は審査のプロです。バイト先のバイトの様子やシフトの入り方など、実際にそこでアルバイトを続けていなければ分からないようなことをポイントをついて尋ねられます。バイトをしていると嘘をついてもだいたいバレてしまいます。お気をつけ下さい。

クリスマスやお正月にキャッシングを利用する予定がある人は注意が必要

いつでも手軽にお金を借りられる消費者金融のキャッシングですが、年末年始というシーズンは消費者金融の業者も休みに入ってしまうので、このシーズンにキャッシングを新規で申し込むのは不可能になります。

もちろん、キャッシングの申し込み自体は受け付けてはもらえるのですが、審査やローンカードの発行は年が明けてからのことになってしまうので年末年始には事実上、新規の人のキャッシングの利用はストップしてしまうことになるのです。

ただし、年末年始にキャッシングを利用したいというのであれば、前もって取り敢えずキャッシングの申し込みを済ませておくことで年末年始に融資を受けることも可能です。あらかじめローンカードを作っておけばATMですぐにキャッシングができるからです。

使い道が限定されない消費者金融のキャッシング

お財布がピンチの時や予定外の出費があるようなときに非常に重宝するサービスとして消費者金融のキャッシングがあります。消費者金融のキャッシングでは申し込みの手続きをした当日に融資を受けられる点が大きなメリットなのですが、キャッシングにはそれ以外のメリットもあります。

それはキャッシングで借りたお金の使い道を限定されないという点です。たとえば銀行などから融資を受ける場合、借りたお金の使い道は自動車や不動産の購入といった具合に限定されてしまい、ほかの用途で借りたお金を使うことはできません。

それに対して消費者金融のキャッシングでは借りたお金を消費者がどのような目的で使用しても問題がありません。借りたお金の使い道を限定されずに自由に使えるのが消費者金融のキャッシングの魅力です。

今のカードローンで過払金って発生するの?

貸金業者からの借り入れの場合、過払い金が発生している可能性があることから、過払金の返還請求が可能です。ですが、これはあくまで過去の契約において高い金利が適用された状態が継続しているケース留まるため、現在では過払金が発生しないようになっています。

同様に銀行カードローンは、貸金業法の改正以降に提供する銀行が増えたため、適用金利はあくまで利息制限法の上限が適用されるため、発生しないのが実状になります。また、毎月の返済額や利息も利用残高に応じて再計算されるため、過剰に利息が請求されることはありません。

貸金業法の改正以降にカードローン契約をされた方は、過払金の返還請求を行ったとしてもメリットがなく、無駄な労力を使ってしまう可能性が高くなっています。

クレジットカード会社のキャッシングは最低利用限度の金額に注目!

キャッシング方法としては、銀行カードローンや消費者金融のカードローンもしくはフリーキャッシング、そしてクレジットカード会社のキャッシングサービスがあります。特にクレジットカード会社のキャッシングでは、クレジットカードに付帯出来るものだけでなく、キャッシング専用のサービスがあり、より低い金利で契約出来るものがあります。

しかし、金利が下がる分、クレジットカード会社にとっては融資リスクが低い契約者を対象とするため、審査が厳しくなる傾向があります。そして、申し込み前に注意しなければならないのが、最低利用限度額がいくらからなのかです。大手消費者金融のカードローンなら1万円から、銀行カードローンなら10万円からといったように少額設定がかのうです。

しかし、クレジットカード会社のキャッシング専用サービスの場合、利用限度額が最低50万円からなど高い設定になるケースもあり、より厳しい審査を受けることになってしまいます。その結果、少ない金額の借り入れを希望しているものの、低金利という点に注目してしまい審査通過が出来ないといったケースもあり得ます。

先ずは、申し込みの際には利用限度額で審査が厳しくなる可能性があるかどうかをチェックすることも重要になり、心配な方は1万円からスタートというものを選ぶのが無難です。少額であれば、金利により利息の差額もあまり大きなものにはなりません。

おまとめローンの選択について

カードローンサービスの中には、おまとめローンという返済に特化した仕組みがあり、これは名前の通り複数社の借金を一社におまとめするサービスです。

借金を一か所にまとめる事によって借金自体が減るのではなく、一社に借金集中させて一社辺りからの借入額を大きくし、それによって低金利化させれば利息負担総額を小さく出来ます。

複数社からの借金で利息払いが辛くなった時に、おまとめローンを利用して借金完済に成功したという例も多く、返済時に有効なシステムです。

様々な業者でおまとめローンは扱っていますが、このサービス利用の前には各業者のサービス内容を把握して比較する事が望ましいと言えます。

銀行と消費者金融では金利設定が違いますし、業者によって細かくサービス内容は変わりますから、比較検討して自身の借金を最も有利に返せる業者を選ぶと良いでしょう。

もちろんサービス利用には審査に通る必要があり、あまりにも借金額が大きかったり、借り入れ件数が多い、過去の返済実績で問題がある等で利用出来ない事もあります。

出来るだけ借金を減らしたり、件数を少なくした状態でおまとめローンの申し込みを行い、このサービスを利用するならば返済に集中する覚悟が必要です。

キャッシングを即日でするならスマホアプリが確実

キャッシングは思い立ったら即日で融資が完了できるというスピーディーさが魅力でありますが、業者やタイミングによっては翌日以降となってしまうケースがあります。特に銀行のカードローンの場合は数日以上かかる場合もあるので即日融資にはやや向いていません。

そこで、より即日融資の確率を高める方法としてスマホアプリの存在があります。従来のネット申込みよりもさらにスピーディーな対応であると人気です。その業者がプロミス。アプリローンというプランがあり、申込みから契約完了そして借り入れまで全てアプリで完結できるのです。

その時間は最短でわずか1時間。キャッシングカードの発行をする必要が無く、アプリを利用してセブン銀行へ行きATMからあっさりと借り入れをすることが出来ます。これならば時間がかかる無人契約機でのカード発行の必要もありませんし、郵送物がありませんのでご家族などにも知られることはありません。

また、アプリ限定でお得なクーポンが配信され、スマホ画面を見せるだけで会員特典を受けられるという嬉しいサービスもあります。さらに三井住友VISAプリペイドを利用することでインターネットショッピングにも振込みキャッシングを使うことが出来、あなたの生活がより便利になること間違いありません。

キャッシングを即日で、プラスアルファで嬉しいサービスもあるプロミスのスマホアプリ。ぜひ活用してみてください。

千葉銀行カードローンの3つの注意点

千葉銀行カードローンは首都圏にある地方銀行のカードローンで低金利、専業主婦の利用可能、収入証明書の提出が不要なのでメリットになる点が多いです。プラスの要素が目立ってしまうので利用者が増え続けています。しかし注意したい点もあるのでしっかり把握しておく必要があります。そこで千葉銀行カードローンを利用する時にどのような点に注意すればいいのか確認していきましょう。

・申込資格に地域制限がある

千葉銀行カードローンは千葉銀行の口座を持っている事が条件となりますが、口座開設が出来るのは千葉県と東京都など首都圏の一部の地域になってしまいます。申込資格に地域制限があるので事前に確認しておく必要があります。

・即日融資を受けるのは難しい

千葉銀行カードローンは最短即日融資可能と宣伝していますが、実際は審査だけで数日かかってしまう事が多いので即日融資を受けるのは難しいです。千葉銀行カードローンを利用する時はお金を借りる事が出来るまで数日かかると考えて申し込みをする必要があります。

・書類提出が不便

スマホの普及によりカードローンの書類提出もアプリでアップロードする方法が浸透してきていますが、千葉銀行カードローンは郵送かFAXで書類提出をする事になります。他のカードローンより書類提出が不便なので注意しましょう。

初心者も心配なし!無利息のカードローンの使い方

最近CMなどでも、無利息という謳い文句を聞くことが増えました。無利息だったら、審査などが大変なのではないか、また条件が多数存在するのではないかと私自身不安に思っていたことがあったので、調べてみました。すると、かなり簡単であることに気がつきました。

まず基本的にインターネットで申し込みができるという点です。来店しなければならないのは、大変だし少し恥ずかしいですよね。それがインターネットから申し込むだけで即日自分の口座に振り込んでもらえたり、返済額を確認できる店舗もあるようです。

また所謂消費者金融だけのサービスかと思っていましたが、銀行がこのような無利息のサービスを行っているところもあるようです。ただし、無利息になるのは条件があります。まず初回の方だけであるということ。こういった会社は新規顧客を獲得するためにこういうサービスを行っているので、初回の方に限定されています。

また、無利息なのは30日間だけであると言うこと。一般的に約一ヶ月が無利息となります。しかし、お金が足りない時は、基本的に給料日前ではありませんか。給料日前の数日間をうまくやりすごしたいという思いでお金を借りる人が多数だと思います。そういう場合、借りる期間は30日よりも短くなる可能性が高いので、こういったサービスを利用してみるのもいいかもしれません。

総量規制対象外のキャッシングとは

消費者金融のキャッシングに、総量規制があることをご存知の方も多いでしょう。この総量規制というのは、借り過ぎを防ぐ目的で、2010年施行の貸金業法から新たに設けられたものです。一言でいえば、キャッシングに限度額を設けるシステムのことで、限度額はキャッシングをする本人の、年収の3分の1に当たる金額となっています。

また消費者金融の利用のすべてが対象になりますので、消費者金融を何社も利用していると、限度額に達し、キャッシングの申込みができなくなってしまいます。しかしどうしても借りたい時には、総量規制対象外のキャッシングを利用できます。

この総量規制対象外とは、たとえば自動車ローンや住宅ローンなどがそれに当たります。その他にも、高額なお金を借りなければならない時には、総量規制対象外となることがありますので、申込む前に事情を話してみるといいでしょう。また個人事業者への貸付けやつなぎ資金関係、緊急医療費の貸付けなども総量規制対象外となります。

それからいくつかのキャッシングを一本化するおまとめローンや、銀行からのキャッシングも総量規制対象外です。銀行は貸金業法ではなく銀行法の監督下にあるため、総量規制そのものがなく、限度額を気にすることなしに利用できるからです。

返済に追われて気付くキャッシングの落とし穴

20代前半で新しく始めた仕事の初期投資、継続、維持が必要で、当時はクレジットカードやキャッシングに関する知識もそれほどなく、クレジットカードを使ったショッピングをし始めました。
次第に一括での返済が困難となり、結果的にはその返済の為のお金が足りず、キャッシングを使って、クレジットの返済をしていました。

キャッシングを利用することにより、返済や出費、急に必要になったお金の工面については、申し込みをした当日、もしくは翌朝には指定口座に振り込みがある為、非常に助かりました。
しかし、一時的なものであり、リボ払いのような返済の仕方をしていた自分は、自分の返済能力に対して、金利が高いことに気付いておらず、気付いたら払っても払っても元金が減らないという状況になっていました。

今でこそ気付いた事ですが、クレジットカードやキャッシングが悪いわけではなく、知識、返済能力もないのに、無駄にカードを入手してしまった自分を反省しています。

キャッシングやカードローンが悪いとは思いませんが、まずは自分の返済能力をしっかりと把握し、最近ではキャッシングをした際の返済シミュレーションもできますので、しっかり計算してから利用する方が良いかと思います。

消費者金融でお金を借りる時の注意点

消費者金融でお金を借りる時の注意点として、総量規制や金利、借入額などがあります。

銀行のカードローンとは違い、消費者金融というのは、貸金業法という法律で個人の借り入れ総額は、年収の3分の1までに制限されていますから、申し込みのは必ず年収の3分の1以内にしておかないと、審査に通ることができません。
また、高額な借り入れを行った場合には、銀行カードローンに比べると金利が高くなるケースも多いため、消費者金融からの借り入れが本当にベストかどうかも十分検討してから申し込むことが大切です。

消費者金融のキャッシングに申し込んでも、審査に落ちてしまうという人がいます。
この審査に通らない理由として考えられるのは、金融事故を起こしている場合や、他社への申し込み記録が多い、クレジットカードの返済遅延や滞納、勤続年数が短いなどが考えられます。

公共料金や携帯の支払いなどを、クレジットカード払いにしている人も多いと思いますが、口座の残高不足によって、引き落としができないというケースもあります。
こういったクレジットカードの返済が遅延してしまったり、滞納するということを何度も繰り返していると、信用情報に登録されてしまい、審査に落ちてしまう原因となってしまいます。

また、安定した収入があれば、パートや学生でも申し込みをすることができますが、勤続年数が1年未満など短い場合には、審査に落ちてしまう可能性も高くなってしまいます。
そのほかにも、他社の借り入れ額が3社以上あるような場合には、信用度が低いと判断されてしまい、審査に通らないケースもありますから、できるだけ借り入れ先を少なくすることが大切です。

このように、消費者金融からお金を借りる時には、事前に自分が借り入れが可能かどうかをチェックすることが大切です。
また、消費者金融からの借り入れが続いていると、徐々に慣れてきてしまい、借りすぎてしまうというケースも少なくありません。

ただ、こういった場合、徐々に生活が圧迫されてしまいますから、借りすぎには十分注意し、計画的に返済することが大切です。

カードのキャッシング枠は返済金額が高額になりがち

当時は10代で、バイトの収入だけではすぐにお金が底をついてしまいました。
そしてお金が底を尽きた翌日に友達と出かける予定が入りました。

どうしようと思っていると、そんな時たまたま大手クレジットカード会社のクレジットカードを作ったことを思い出しました。
クレジットカードにはキャッシングが付いていたので7万円キャッシングしました。

ネットで携帯でも簡単にキャッシングの申請ができて数分で講座にお金が振り込まれました。とても早くて助かりましたし、安心しました。
それにキャッシングに関する審査などもなく必要な時に簡単に借入できて現金が手元に入ります。

ただ、ショッピングとは違ってキャッシングは手数料が高く、リボ払いなどにすると気づいた時には返済金額が膨らんでしまったりもします。
私は、途中でそれに気づいた時にはかなり手数料を取られていました。さらに、現金が手に入ることで借りているという感覚がなくなります。

ショッピング枠とは違ってクレジットカードのキャッシング枠は返済金額が高額になりがちですし、カードローンなどをする際にマイナスに審査される可能性もあります。
できる限りカードキャッシングは初めから付けないことをオススメします。