カードローンのメリットについて

カードローンを利用するに際しては、実に様々なメリットがあることをご存知でしょうか。このようなメリットをしっかりと理解して、賢くサービスを利用すれば、便利でお得なマネーライフを送ることができます。

普段の生活の中で、どうしても急な出費やまとまった額のお金が必要になる場面は出てくるものです。そんな時、現在のカードローンは申し込んでから実際に融資を受けるまでの時間が非常に早くなっているんです。

なんと申し込みから30分程度で審査が完了し、その日のうちにお金が振り込まれるといったサービスもあります。

また、カードローンを利用して融資を受けたら、そのお金の使い道に制限はありません。つまり、使い道は自由です。融資の目的に縛られないということは、大きなメリットです。

いつでも必要な時に必要な融資を受けられるというカードローンの大きなメリットをさらに補強してくれるのが、近くにお金を引き出せるATMがあるという点です。コンビニなら近くにありますよね。また、返済の際に、使うことのできるATMが近くにあり、煩わしさを感じないということも非常に大きいなことです。

そんなATMの手数料が無料なのも助かるカードローンのメリットです。自分の口座からお金を下ろすよりお得ですよね。

専業主婦がキャッシングをする際に注意する点とは?

キャッシングは原則的に本人に安定した収入がないと利用することができませんが、配偶者に同様の収入がある場合に限り、専業主婦でも利用することができます。この場合の融資は配偶者貸付という制度を利用して行われます。

配偶者貸付による融資を扱っているのは主に銀行で、消費者金融ではまずこの制度による借り入れは行えません。それは、消費者金融では基本的にはこの制度は扱っていない為です。

その為、専業主婦がキャッシングを行うには銀行を利用することになります。そして、配偶者の収入を元に契約を行い、融資を受けますが、借りられる金額は多くの銀行で30万円までと決められています。配偶者の収入とは関係なく、それ以上の金額を借りるのは難しいです。

例え配偶者に多くの収入があったとしても、その中から専業主婦側が返済に回せる金額がいくらあるのかまでは分かりません。中には50万円までという銀行もありますが、専業主婦ではこれくらいまでが借りられる限度だと考えておいてください。

そして、返済はもちろん本人が行う必要があります。例え返済が遅れるようなことがあっても配偶者の方に連絡がいくようなことはありませんが、契約を行った本人が責任をもって返済を行ってください。配偶者貸付制度では返済の元となる収入があるのが配偶者だというだけで、キャッシング契約は銀行と専業主婦である本人の間で成立しているのです。

キャッシングと自動契約機の活用

少しでも早く、キャッシングの利用を始めたいと考えた時に便利なのが、自動契約機です。
審査の申込み方法として人気になっているのは、WEB申し込みです。

パソコンやスマートフォンから申し込み手続きをすれば、そのまま契約や借入の申込までする事ができます。
ただ、WEBから借入の申込をした場合、直接現金を受け取るのではなく、口座へお金が振り込まれる形になります。

金融機関が振込に対応している時間を過ぎてから、借入の手続きをすると、その日のうちにはお金が振り込まれない事になります。
ですから、WEBから借入手続きをする場合、時間が重要になってきます。

それに対して、自動契約機の場合は、契約が完了すれば、ATMからすぐに現金を借り入れできるカードを、その場で受け取る事ができます。
WEB申込でも契約が完了した後、そのまま自動契約機に足を運べば、カードを受け取る事ができます。

店頭や自動契約機に行かない場合は、カードは後日郵送という形になります。

ですから、急いでお金を借りたいのであれば、WEBのみで手続きを完了させようとせず、自動契約機を活用しておく事がおすすめです。
大手の消費者金融の場合、主要駅の側には自動契約機があるという事が多くなっています。

ですから、どうしても今日中にお金を借りたいと考えるのであれば、まず行ける範囲に自動契約機があるかどうかを確認しておく事がおすすめです。

キャッシングを利用する時にキャッシング会社の比較が大事な理由

これからキャッシング会社を利用してみたいと思っている人もいるかと思います。
ですが、そういう方の多くはどこのキャッシング会社からお金を借りても大差がないと思っているというのがあります。

では、実際にキャッシング会社を利用しようと思った時はどこのキャッシング会社から借りても大差がないかというとそういう事はないです。

それどころかしっかりキャッシング会社の比較をしないと思った以上に損をしてしまう事があります。ですから、これから初めてキャッシングを利用してお金を借りようと思っている人はまずはネットのキャッシング会社の比較サイトを使ってキャッシング会社の比較をする事で
どこが一番安い利息でお金が借りれるか調べるのが大事です。

なぜなら、多くの人はどこのキャッシング会社を使ってもその利息の支払いに大きな差がないと思っているのですが、実際はどこで借りるかでその利息もかなり違ってきます。

なので、できるだけお得にお金を借りたいと思った時はキャッシング会社の比較は欠かせないです。それでキャッシング会社を比較するとキャッシング会社によって利息の金額も大きく違ってくる事に気づいてキャッシング会社の比較をして良かったと思うかと思います。

学生さんが審査項目において気を付けるべき「信用度」について

学生でも満20歳を超えていればキャッシングを利用できるという消費者金融は意外と多いです。ですが学生であれ社会人であれキャッシングを利用するためには審査を通過しなければなりません。

審査において「収入」「信用度」が重要視される場合が殆どです。収入についてはアルバイトなどを半年から一年継続おり、かつ安定してお給料を得られている事が認められればクリアできる条件ですがもう一方の「信用度」とはどのようなものを指すのでしょうか?

この信用度、要は過去に金銭トラブルが無かったかどうかが重要視されます。「過去にキャッシングした事ないよ?」という方でも油断は禁物です。

この金銭トラブルの中には料金を滞納していたという事柄も含まれてきます。例えば携帯料金の支払いを滞納してしまった、クレジットカードの引き落としの月に口座にお金が入っておらず引き落としができなかった、という経験をした事はありませんか?実はこれらが信用度に関わってきてしまい審査を通過できなかった、という事例があるのです。

これらに関しては日頃からお金に対してきっちりしていれば十分防げる事かと思いますのでいざという時に備えて気を付けるようにしましょう。
また反対にクレジットカードを使った事がある、引き落としなども滞納なくちゃんと支払ったとなると信用度が上がり審査を通過しやすくなる事もありますのでもしクレジットカードを持っている場合は利用してみる事もおすすめします。

無利息サービス以外の新生銀行カードローンレイクの2つのメリット

新生銀行カードローンレイクは30日間無利息と180日間5万円分無利息の2種類のプランが用意されているので適用対象になっている初めての人がキャッシングをしやすいカードローンです。それで新生銀行カードローンレイクに申し込むのはキャッシングをするのが初めての人が多いです。また無利息サービス以外にもメリットが多いのでここ数年で利用者も増えてきています。そこで無利息サービス以外ではどのようなメリットがあるのか見ていく事にしましょう。

・即日融資を受ける事が出来る

銀行カードローンは審査が厳しくて回答されるまで数日かかってしまう事が多いです。それでお金を借りる事が出来るのも申し込みをしてから数日後になってしまう事が多いです。新生銀行カードローンレイクも銀行カードローンに分類されるので即日融資を受ける事は難しいと思ってしまいますが、実は即日融資に対応しています。新生銀行カードローンレイクは以前レイクという消費者金融でしたのでサービス内容は消費者金融に近いです。それで審査も即日回答されるので即日融資を受ける事が出来ます。

・来店不要でお金を借りる事が出来る

銀行カードローンに申し込みをする時に来店する必要が出てくる事が多いですが、新生銀行カードローンレイクはWEB完結で手続きが完了します。それで来店不要でお金を借りる事が出来ます。

キャッシングをしているのを家族や友人にバレる3つの原因

キャッシングをすると金欠の状態になっているのを解消する事が出来るので助けられる事も多いですが、世間的にはイメージが良くないので家族や友人などにバレてしまうとすごく気まずくなってしまいます。そこでキャッシングをしているのを家族や友人にバレるのはどのような原因があるのか確認していきましょう。

・本人確認の電話がかかってきた

キャッシングをすると申し込みをする時や個人情報に変更があった時などに電話がかかってきます。携帯電話にかかってくる事が多いですが、業者によっては自宅の電話にかけてくる事もあります。それで家族が電話に出てしまうとバレてしまう可能性があります。

・カードや郵送物が自宅に郵送されてきた

キャッシングの申し込みをするとカードや郵送物が自宅に郵送されてきます。それで家族が受け取ってしまうとキャッシングをしている事がバレてしまいます。

・店舗や自動契約機に出入りするのを見られた

キャッシングの申し込みをする時は店舗や自動契約機を利用する事も多いですが、出入りする時に友人に見られてしまう可能性が少なからずあります。それでキャッシングをしている事がバレてしまう可能性があります。

キャッシングをしているのを家族や友人にバレるのはこのような原因があります。内緒でキャッシングをしたい時はこのような点に注意しましょう。

正規の貸金業者か闇金か判断が難しい!そんな時は日本貸金業協会のホームページで検索可能!

銀行や大手消費者金融以外に、中小消費者金融からキャッシングするという選択肢があります。しかし、中堅レベルで知名度がある会社からそうでない会社まで様々です。最近では、会社名や貸金業の登録番号、ホームページを偽装するなど闇金の手口が巧妙化しています。

正規の貸金業者か登録番号から判断するという方法があるものの、公式ホームページの情報を丸々悪用されてしまうと消費者には判断が難しくなります。そして、闇金の情報については各貸金業者が自社ホームページで注意喚起を行っても、その他の会社情報されている場合、実態が確認出来ません。

ですが、日本貸金業協会ではバラバラになっている闇金の情報がデータベース化されており、少ない情報から確認することも出来ます。業者名・電話番号・住所・FAX番号から簡単に調べられるため、不安な方は調べることをおすすめします。また、正規の貸金業者を名乗るDMや広告が自宅に届いた際には、このデータベースを活用してチェックするのがベストです。

中小の消費者金融でも在籍確認がないところもある。

在籍確認は、中小の消費者金融だと借り入れをしてくる属性的にもなかなか信用がない人が多いものですから、

在籍確認はしっかりとしてくるような会社ばかりのような感じがします。

ですが、在籍確認に関しては中小の消費者金融であってもないようにできるところもあります。

中小企業であっても、顧客の獲得のために独自でできる限りのサービスを展開している会社も多く、

その中でも在籍確認なしで行えるような会社もあります。 借金がかなり危ない状況であっても

誰にも相談できないような方には結構重宝されます。

会社とかにできればばれたくないようなケースであっても、中小でもそういったことをしなくてもいいように確認が取れる会社もありますので、

色々さがしてみて、契約をもし混んでみるといいでしょう。

専業主婦にはバンクイックがオススメ

最近金融庁から目の敵にされている感のあるのが銀行カードローンです。特にメガバンクのカードローンがその傾向が強く、三菱東京UFJ銀行カードローンであるバンクイックも影響を受けています。例えば阿部寛のCMが全く放送されなくなり、50万円以上の借入から収入証明書の提出が必要となりました。今後は即日融資も不可能となるなど、利便性はやや下がることも考えられます。

それでもバンクイックの借りやすさは他のカードローンより一歩進んでいると言えます。融資限度額は標準的の500万円ですが、総量規制の対象外なので年収の3分の1までしか借りられないという制限がありません。400万円~500万円の融資限度額での適用金利は年1.8~6.1%とおまとめや借り換えにもピッタリです。この総量規制の対象外というのは金利庁の横やりが入っても死守するとのことなので安心です。

なぜなら総量規制は専業主婦に大きく関係してきます。バンクイックは現在専業主婦でも30万円までは利用できます。もちろんご主人の許可は必要ないので奥様名義で内緒で借りられます。今後テレビ窓口での契約でも即日融資はできなくなったとしても、この点は変更ないので専業主婦には大変ありがたいカードローンなのです。

学生も切札として使えるキャッシング

お友達付き合いなどで急な出費があるのは学生も一緒。その際にキャッシングでしのぎたいという事も当然あるでしょう。

20歳を過ぎていれば学生であっても多くの業者で申込みが可能です。

例を挙げますと一つがモビットで、安定した定期収入があれば正社員ではなくても申込みができます。

具体的に安定した収入とは主にアルバイトやパートで、学生であってもアルバイト契約をしていれば問題なく審査に通る可能性があります。

しかもモビットの場合はweb完結というサービスもあり、ネットで申込みを行えば電話での在籍確認や郵送物も無くキャッシング完了できますので、

プライバシー的にも安心と言えるでしょう。

返済も10万円以下の借り入れなら月々4,000円と負担はそれほど大きくありません。

もう一つはアコムで、こちらも同じく20歳を過ぎておりアルバイトなど定期収入があれば学生でも申込みを行えます。

そして特徴としては初めての申込みの場合は30日間の無利息サービスがあるという点で、その間に全額返済をすれば一切金利がかからないという驚きの制度です。

加えてアコムは返済サイクルが35日間と、他社よりも期間に余裕がありますので払えなくなるという可能性が軽減されています。

さらに月々の最低返済額が10万円までの借り入れの場合は3,000円ほどと、こちらの面でも負担が少ないと言えそうです。

モビットもアコムも最短で即日融資が可能でありますし、急にお金が必要な際には学生の方でもキャッシングは使える方法です。

出張の多いサラリーマンは出張費用の立替にカードローンは不向き!

今やキャッシュレス時代に突入しており、様々な支払にクレジットカードが利用出来る社会になっています。キャッシュレス社会は支払だけでなく、企業内の出張費用や接待交際費の精算にも深く影響しています。最近では、出張費用や接待交際費を一時的に社員が立替し、後日銀行口座へ振り込みで生産するケースが増えています。

これらの費用は、クレジットカード決済出来る場合であれば問題はないものの、出張や接待が多い人ほどクレジットカード利用可能残高が直ぐに上限に達してしまいます。その結果、即日で契約から融資が出来る消費者金融のカードローン、万が一に備えて銀行カードローンを契約するという方法があるものの、自分自身が損をすることになってしまいます。

確かにカードローンで現金を借り入れ支払は出来るものの、利用した期間の利息は自分自身が負担することになってしまいます。例えば、10万円の立替金とすれば金利18%だとすると1週間で約345円となり、30日で1480円も負担することになってしまいます。特に毎月20万円や30万円も立替すると負担は大きく増加してしまいます。

カードローンは、いつでもどこでも借り入れが自由という利便性があるものの、利用に不向きなケースもあるため、最適なものを見極めることが重要になっています。また、企業側も社員に負担が生じないよう、キャッシュレス化に伴いどのようなリスクやデメリットがあるのか判断し、社内的なシステムを検討することが重要です。

少なからず、キャッシングを利用してまで立替させることが無いようにする必要があります。

自動契約機でのキャッシングにおける注意点

消費者金融などの自動契約機によるキャッシングは問題がなければ1時間程度で融資を受けることができます。

つまり、最短で融資を受けることができる契約方法ともいえます。

ただし条件によっては必要な書類や身分証明書を事前に準備する必要があり、書類がないと契約自体ができないこともあります。

基本的に必要なのは身分証明書です。

運転免許証、健康保険証を会社員なら準備しておきましょう。この2つでほぼ事足ります。

初めての契約なら大きな金額にはならないので必要ありませんが、金額が大きい場合は収入証明も準備しておきましょう。

会社から発行される源泉徴収票が一番間違いないです。

必要な書類さえ準備して問題なければすぐに融資を受けられますが、必要な書類がないと1からやり直しになります。

各業者のHPなどを見て事前に確認しておきましょう。

J.Score(ジェイスコア)はペイジーに対応している

J.Score(ジェイスコア)は返済方法に関して、かなり便利な側面があります。

というのも、J.Scoreではペイジーによる返済が可能となっているのです。

ペイジーを利用すると、いろいろなメリットが存在することになります。

例えば、24時間いつでも返済ができるということが言えますし、返済のときにかかる手数料が無料となっているのです。

あとはJ.Scoreでペイジーを選択すると、返済日を自由に決められるということにもなっています。

だから、ペイジーを利用して返済をするとかなり利便性が高いということになるのです。

ペイジーはどの消費者金融でも選べるとは限らないので、J.Scoreではそういう選択肢があるということを頭に入れておいてほしいと思います。

楽天スーパーローンの審査についての考察

インターネットなどでは楽天銀行のカードローンは借りやすいという口コミを見ることがあります。楽天スーパーローンは消費者金融ではなく、れっきとした銀行のカードローンですから、審査が緩いわけではありません。

楽天スーパーローンが借りやすいというイメージがあるのは否定できませんが、それはクレジットカードの楽天カードの審査が通りやすいという事実と楽天スーパーローンの金利水準が他の銀行カードローンと比べても低くないということからでしょう。

クレジットカードの審査とカードローンの審査とごっちゃにしてはいけませんが、楽天の文字が同一であることからイメージがつきやすいのかもしれません。そして、金利と審査はトレードオフなので楽天スーパーローンの審査は金利が安い他の銀行カードローンよりも厳しくならないのは当然です。

大手銀行、地方銀行、ネット銀行のカードローンの申込方法の特徴

銀行カードローンは大手銀行、地方銀行、ネット銀行などがありますが、申し込みをする時に方法が異なるので注意する必要があります。そこでそれぞれの申込方法の特徴を見ていく事にしましょう。

・大手銀行と地方銀行が来店が必要

大手銀行と地方銀行のカードローンの申し込みをする時はネットでも可能ですが、契約手続きをするまでに来店をする必要があります。大手銀行は全国各地に店舗を構えているので探しやすいですが、地方銀行は店舗数が限られているのでカードローンの申し込みをする時に不便に感じてしまう事もあります。特に地方銀行のカードローンを利用する時は申し込みをする前にしっかり確認しておきましょう。

・ネット銀行がネットで申し込みが完結

ネット銀行は店舗や契約機などが設置されていないのでカードローンの申し込みはネットのみとなっています。それでネット環境を整えておく必要がありますが、大手銀行や地方銀行のように来店しなくていい点がメリットになります。利便性の高さを重視する時はネット銀行のカードローンを利用した方がいいです。

大手銀行、地方銀行、ネット銀行のカードローンの申込方法の特徴はこのようにあるので自分の適しているカードローンを利用してみるといいでしょう。

キャッシングは自動契約機よりネットが便利

これからキャッシングの申し込みをする方におすすめしたいのが、自動契約機ではなくインターネットからの申し込みです。最近のキャッシング業界は全てインターネットで完結する方法が主流になって来ています。自動契約機もとても便利名仕組みではあるのですが、インターネットなら家の中にいながらにして申し込みができるのでさらに便利ですよね。

特にキャッシングを利用していることをバレたくないという方にはおすすめです。自動契約機の場合、利用しているところを見られてしまうというリスクがあります。しかし、インターネットからの申し込みならパソコンやスマートフォンから利用ができますので、例えば家の中自分の部屋など他の誰もいないところから申し込みをすることができるんです。

アコムの無人契約機のむじんくんを利用するメリットは?

アコムは全国各地に無人契約機のむじんくんを設置しています。キャッシングの申し込みをする時に利用する人も多いですが、実際にどのようなメリットがあるのか気になりますよね。そこでむじんくんのメリットを紹介していくので参考にしてみて下さい。

アコムの店舗は平日しか営業していないので土日祝日にキャッシングの申し込みをする事は出来ません。しかしむじんくんは平日だけでなく土日祝日でも営業しているのでキャッシングの申し込みをする事も出来ます。また22時まで営業しているので自分の都合に合わせて申し込みをしやすい点はメリットではないでしょうか。またむじんくんで申し込みをして契約が完了するとその場でカードが発行されるので早くお金を借りる事が出来るメリットもあります。

消費者金融の無人契約機はどこにあるの?

消費者金融は全国各地に無人契約機が設置されていますが、どこにあるのか分からない人も多いのではないでしょうか。看板を見かけて気付く事が多いので実際に利用したい時に探すとなかなか見つけられない事もあります。そこで消費者金融の無人契約機の探し方について見ていきましょう。

消費者金融の無人契約機は基本的に駅前に設置されている事が多いです。駅前には雑居ビルが立ち並んでいて中に入っている事が多いです。まず駅前の雑居ビルの看板を確認しながら見つけてみましょう。また車で出かける時は駅前に行く事はありませんよね。そのような時は国道沿いを探してみましょう。国道沿いには複数の消費者金融の無人契約機が一つの場所に設置されている事が多いのですぐに見つけられますよ。

消費者金融の審査に通るコツとは

消費者金融のカードローンは、キャッシングまでのスピードも早く少額から気軽にお金を借りる事ができるのでいざという時に非常に便利です。

しかし借りるためには必ず審査が必要になります。

審査に通るためには安定した収入があることが大切です。

特別高収入を得ていなくても問題なく利用できますし、学生や主婦であっても自分でアルバイトやパートなどで稼いでいれば利用が可能です。

ですので、審査に通るコツとしては収入の高さではなく就業している期間や安定性が大切になります。

少額でも安定して収入がある人ならばお金を貸す側も安心して返してもらう事ができますが、不安定な場合だと貸す側のリスクが大きくなるので審査に通りづらくなります。

また仕事を辞めてしまう可能性もあるので就業期間の長さも大切になります。

こういった事から、消費者金融の審査に通るコツとしてはできるだけ一定のところに長く勤めている事がとても大切です。

キャッシングの審査にかかる時間はホームページでは参考にならない

キャッシングを利用するときには審査にかかってしまう時間がどのくらいか?という部分をかなり気にする人がいます。

キャッシングの審査では一定の時間は確実にかかり、ホームページをチェックすればその最短が示されていることが多いです。

ただ、そういう最短の数字はあてにならないこともあるので、そこは注意しないといけません。

ホームページに載っている最短の数字はあくまでも最短と言えるので、そんなに参考にならない場合が考えられます。

したがって、実際の審査時間を知りたいならば、ホームページじゃなくて利用した人の声を見るべきで、インターネットでその会社の審査時間に言及されている口コミを探すべきです。

そっちの方が確実に参考になりますし、リアルな声なので、ホームページの数字が誇張されていたときにはそれに気付くことができる場合もありますから、そういう情報を参考にしていきましょう。