楽天スーパーローンの審査についての考察

インターネットなどでは楽天銀行のカードローンは借りやすいという口コミを見ることがあります。楽天スーパーローンは消費者金融ではなく、れっきとした銀行のカードローンですから、審査が緩いわけではありません。

楽天スーパーローンが借りやすいというイメージがあるのは否定できませんが、それはクレジットカードの楽天カードの審査が通りやすいという事実と楽天スーパーローンの金利水準が他の銀行カードローンと比べても低くないということからでしょう。

クレジットカードの審査とカードローンの審査とごっちゃにしてはいけませんが、楽天の文字が同一であることからイメージがつきやすいのかもしれません。そして、金利と審査はトレードオフなので楽天スーパーローンの審査は金利が安い他の銀行カードローンよりも厳しくならないのは当然です。

消費者金融の審査に通るコツとは

消費者金融のカードローンは、キャッシングまでのスピードも早く少額から気軽にお金を借りる事ができるのでいざという時に非常に便利です。

しかし借りるためには必ず審査が必要になります。

審査に通るためには安定した収入があることが大切です。

特別高収入を得ていなくても問題なく利用できますし、学生や主婦であっても自分でアルバイトやパートなどで稼いでいれば利用が可能です。

ですので、審査に通るコツとしては収入の高さではなく就業している期間や安定性が大切になります。

少額でも安定して収入がある人ならばお金を貸す側も安心して返してもらう事ができますが、不安定な場合だと貸す側のリスクが大きくなるので審査に通りづらくなります。

また仕事を辞めてしまう可能性もあるので就業期間の長さも大切になります。

こういった事から、消費者金融の審査に通るコツとしてはできるだけ一定のところに長く勤めている事がとても大切です。

キャッシングの審査にかかる時間はホームページでは参考にならない

キャッシングを利用するときには審査にかかってしまう時間がどのくらいか?という部分をかなり気にする人がいます。

キャッシングの審査では一定の時間は確実にかかり、ホームページをチェックすればその最短が示されていることが多いです。

ただ、そういう最短の数字はあてにならないこともあるので、そこは注意しないといけません。

ホームページに載っている最短の数字はあくまでも最短と言えるので、そんなに参考にならない場合が考えられます。

したがって、実際の審査時間を知りたいならば、ホームページじゃなくて利用した人の声を見るべきで、インターネットでその会社の審査時間に言及されている口コミを探すべきです。

そっちの方が確実に参考になりますし、リアルな声なので、ホームページの数字が誇張されていたときにはそれに気付くことができる場合もありますから、そういう情報を参考にしていきましょう。

増額申し込みは、希望の金額は難しいです。

増額申し込みは、基本的には希望通りの金額にあることはありません。その理由としてすでにキャッシングを申し込んだ時に行われた審査では、応募内容に応じて適正なキャッシングの上限額を算出しています。このため、新たに増額を申し込んで審査が行われても同じ条件の応募内容では変更するのが難しい現状があります。ただし、以前の応募内容に対して年収の増収や役職に新たに就いたなどのよい条件が得られた場合には増額の可能性があります。

また、増額申し込みを事前に行う前に参考にできる情報があります。キャッシング事業者のサイトには借入診断や返済シミュレーションが無料にて利用でき、利用できるキャッシング額を算出できるから参考にできます。v

働いていない学生でもキャッシングできるの?

学生でもお金に困ってしまえば借りたいと思いますね。

働いていない学生にとって気になるのが、自分でもキャッシングができるのかです。

実は働いていなかったとしてもカードローンをしてキャッシングできる可能性があるので諦めてはいけません。

まずいくつかの条件に当てはまらなければいけません。

第一条件として必要なのが成人をしているのかどうかです。

カードローンの場合、消費者金融でも銀行でも20歳以上ではないと契約することができません。

クレジットカードのキャッシングは18歳以上なら契約可能ですが、総量規制対象なためバイトの収入がないと難しくなります。

そしてもう一つ条件として、総量規制対象外の銀行を利用することです。

銀行は総量規制対象外となるため自分に収入がなくても、家族の収入を考慮して契約できる場合があります。

成人をしていて家族に収入が十分ありカードローン作成を認めてもらえるのであれば一度チャレンジをしてみましょう。

キャッシング審査もAIが行う時代!? 迅速性にプラス作用も

いわゆる消費者金融、キャッシングの審査というのは、無担保無保証で行うのが原則です。つまり、誰が連帯保証人になっているのか、何を担保にするのかといった不確定な要素を計算に入れず、本人の収入や仕事歴などから返済能力を判断し、融資の可否やその金額を決めていくという形になっています。

送られてくるデータの正確性をどの程度厳重に考えるかの差はありますが、基本的には機械的な判断が主になる部分が少なくないからか、AIによる審査を試みている企業も出てきているようです。人間の信用能力を人工知能に任せるというのは何ともSF的で不安に感じなくもないですが、現在よりもはるかに迅速で正確性のある審査がなされ、利便性が上がるということも考えられます。

いずれにせよ、キャッシングの現場がより進化していっているのは間違いないところだと言えるでしょう。

学生ローンのキャッシングの審査でバイト先についてどこまで聞かれる?

学生がキャッシングをしたいとき、アルバイト収入が不安定・少額と判断されてしまうと大手消費者金融の審査はなかなか通らないものです。そんな時に頼りになるのが中小の学生専門の消費者金融、いわゆる学生ローンです。

どこも10年以上の営業実績のある業者ばかりですので安心して利用できますが、もちろんバイト先についての審査が簡易ではありますが入ります。バイト先に直接電話するケースは非常に稀れですが、バイト先を電話で偽ってもたいていばれてしまうので注意してください。

相手は審査のプロです。バイト先のバイトの様子やシフトの入り方など、実際にそこでアルバイトを続けていなければ分からないようなことをポイントをついて尋ねられます。バイトをしていると嘘をついてもだいたいバレてしまいます。お気をつけ下さい。