カードローンのメリットについて

カードローンを利用するに際しては、実に様々なメリットがあることをご存知でしょうか。このようなメリットをしっかりと理解して、賢くサービスを利用すれば、便利でお得なマネーライフを送ることができます。

普段の生活の中で、どうしても急な出費やまとまった額のお金が必要になる場面は出てくるものです。そんな時、現在のカードローンは申し込んでから実際に融資を受けるまでの時間が非常に早くなっているんです。

なんと申し込みから30分程度で審査が完了し、その日のうちにお金が振り込まれるといったサービスもあります。

また、カードローンを利用して融資を受けたら、そのお金の使い道に制限はありません。つまり、使い道は自由です。融資の目的に縛られないということは、大きなメリットです。

いつでも必要な時に必要な融資を受けられるというカードローンの大きなメリットをさらに補強してくれるのが、近くにお金を引き出せるATMがあるという点です。コンビニなら近くにありますよね。また、返済の際に、使うことのできるATMが近くにあり、煩わしさを感じないということも非常に大きいなことです。

そんなATMの手数料が無料なのも助かるカードローンのメリットです。自分の口座からお金を下ろすよりお得ですよね。

専業主婦がキャッシングをする際に注意する点とは?

キャッシングは原則的に本人に安定した収入がないと利用することができませんが、配偶者に同様の収入がある場合に限り、専業主婦でも利用することができます。この場合の融資は配偶者貸付という制度を利用して行われます。

配偶者貸付による融資を扱っているのは主に銀行で、消費者金融ではまずこの制度による借り入れは行えません。それは、消費者金融では基本的にはこの制度は扱っていない為です。

その為、専業主婦がキャッシングを行うには銀行を利用することになります。そして、配偶者の収入を元に契約を行い、融資を受けますが、借りられる金額は多くの銀行で30万円までと決められています。配偶者の収入とは関係なく、それ以上の金額を借りるのは難しいです。

例え配偶者に多くの収入があったとしても、その中から専業主婦側が返済に回せる金額がいくらあるのかまでは分かりません。中には50万円までという銀行もありますが、専業主婦ではこれくらいまでが借りられる限度だと考えておいてください。

そして、返済はもちろん本人が行う必要があります。例え返済が遅れるようなことがあっても配偶者の方に連絡がいくようなことはありませんが、契約を行った本人が責任をもって返済を行ってください。配偶者貸付制度では返済の元となる収入があるのが配偶者だというだけで、キャッシング契約は銀行と専業主婦である本人の間で成立しているのです。

キャッシングと自動契約機の活用

少しでも早く、キャッシングの利用を始めたいと考えた時に便利なのが、自動契約機です。
審査の申込み方法として人気になっているのは、WEB申し込みです。

パソコンやスマートフォンから申し込み手続きをすれば、そのまま契約や借入の申込までする事ができます。
ただ、WEBから借入の申込をした場合、直接現金を受け取るのではなく、口座へお金が振り込まれる形になります。

金融機関が振込に対応している時間を過ぎてから、借入の手続きをすると、その日のうちにはお金が振り込まれない事になります。
ですから、WEBから借入手続きをする場合、時間が重要になってきます。

それに対して、自動契約機の場合は、契約が完了すれば、ATMからすぐに現金を借り入れできるカードを、その場で受け取る事ができます。
WEB申込でも契約が完了した後、そのまま自動契約機に足を運べば、カードを受け取る事ができます。

店頭や自動契約機に行かない場合は、カードは後日郵送という形になります。

ですから、急いでお金を借りたいのであれば、WEBのみで手続きを完了させようとせず、自動契約機を活用しておく事がおすすめです。
大手の消費者金融の場合、主要駅の側には自動契約機があるという事が多くなっています。

ですから、どうしても今日中にお金を借りたいと考えるのであれば、まず行ける範囲に自動契約機があるかどうかを確認しておく事がおすすめです。

キャッシングを利用する時にキャッシング会社の比較が大事な理由

これからキャッシング会社を利用してみたいと思っている人もいるかと思います。
ですが、そういう方の多くはどこのキャッシング会社からお金を借りても大差がないと思っているというのがあります。

では、実際にキャッシング会社を利用しようと思った時はどこのキャッシング会社から借りても大差がないかというとそういう事はないです。

それどころかしっかりキャッシング会社の比較をしないと思った以上に損をしてしまう事があります。ですから、これから初めてキャッシングを利用してお金を借りようと思っている人はまずはネットのキャッシング会社の比較サイトを使ってキャッシング会社の比較をする事で
どこが一番安い利息でお金が借りれるか調べるのが大事です。

なぜなら、多くの人はどこのキャッシング会社を使ってもその利息の支払いに大きな差がないと思っているのですが、実際はどこで借りるかでその利息もかなり違ってきます。

なので、できるだけお得にお金を借りたいと思った時はキャッシング会社の比較は欠かせないです。それでキャッシング会社を比較するとキャッシング会社によって利息の金額も大きく違ってくる事に気づいてキャッシング会社の比較をして良かったと思うかと思います。

学生さんが審査項目において気を付けるべき「信用度」について

学生でも満20歳を超えていればキャッシングを利用できるという消費者金融は意外と多いです。ですが学生であれ社会人であれキャッシングを利用するためには審査を通過しなければなりません。

審査において「収入」「信用度」が重要視される場合が殆どです。収入についてはアルバイトなどを半年から一年継続おり、かつ安定してお給料を得られている事が認められればクリアできる条件ですがもう一方の「信用度」とはどのようなものを指すのでしょうか?

この信用度、要は過去に金銭トラブルが無かったかどうかが重要視されます。「過去にキャッシングした事ないよ?」という方でも油断は禁物です。

この金銭トラブルの中には料金を滞納していたという事柄も含まれてきます。例えば携帯料金の支払いを滞納してしまった、クレジットカードの引き落としの月に口座にお金が入っておらず引き落としができなかった、という経験をした事はありませんか?実はこれらが信用度に関わってきてしまい審査を通過できなかった、という事例があるのです。

これらに関しては日頃からお金に対してきっちりしていれば十分防げる事かと思いますのでいざという時に備えて気を付けるようにしましょう。
また反対にクレジットカードを使った事がある、引き落としなども滞納なくちゃんと支払ったとなると信用度が上がり審査を通過しやすくなる事もありますのでもしクレジットカードを持っている場合は利用してみる事もおすすめします。

キャッシングをしているのを家族や友人にバレる3つの原因

キャッシングをすると金欠の状態になっているのを解消する事が出来るので助けられる事も多いですが、世間的にはイメージが良くないので家族や友人などにバレてしまうとすごく気まずくなってしまいます。そこでキャッシングをしているのを家族や友人にバレるのはどのような原因があるのか確認していきましょう。

・本人確認の電話がかかってきた

キャッシングをすると申し込みをする時や個人情報に変更があった時などに電話がかかってきます。携帯電話にかかってくる事が多いですが、業者によっては自宅の電話にかけてくる事もあります。それで家族が電話に出てしまうとバレてしまう可能性があります。

・カードや郵送物が自宅に郵送されてきた

キャッシングの申し込みをするとカードや郵送物が自宅に郵送されてきます。それで家族が受け取ってしまうとキャッシングをしている事がバレてしまいます。

・店舗や自動契約機に出入りするのを見られた

キャッシングの申し込みをする時は店舗や自動契約機を利用する事も多いですが、出入りする時に友人に見られてしまう可能性が少なからずあります。それでキャッシングをしている事がバレてしまう可能性があります。

キャッシングをしているのを家族や友人にバレるのはこのような原因があります。内緒でキャッシングをしたい時はこのような点に注意しましょう。

正規の貸金業者か闇金か判断が難しい!そんな時は日本貸金業協会のホームページで検索可能!

銀行や大手消費者金融以外に、中小消費者金融からキャッシングするという選択肢があります。しかし、中堅レベルで知名度がある会社からそうでない会社まで様々です。最近では、会社名や貸金業の登録番号、ホームページを偽装するなど闇金の手口が巧妙化しています。

正規の貸金業者か登録番号から判断するという方法があるものの、公式ホームページの情報を丸々悪用されてしまうと消費者には判断が難しくなります。そして、闇金の情報については各貸金業者が自社ホームページで注意喚起を行っても、その他の会社情報されている場合、実態が確認出来ません。

ですが、日本貸金業協会ではバラバラになっている闇金の情報がデータベース化されており、少ない情報から確認することも出来ます。業者名・電話番号・住所・FAX番号から簡単に調べられるため、不安な方は調べることをおすすめします。また、正規の貸金業者を名乗るDMや広告が自宅に届いた際には、このデータベースを活用してチェックするのがベストです。

専業主婦にはバンクイックがオススメ

最近金融庁から目の敵にされている感のあるのが銀行カードローンです。特にメガバンクのカードローンがその傾向が強く、三菱東京UFJ銀行カードローンであるバンクイックも影響を受けています。例えば阿部寛のCMが全く放送されなくなり、50万円以上の借入から収入証明書の提出が必要となりました。今後は即日融資も不可能となるなど、利便性はやや下がることも考えられます。

それでもバンクイックの借りやすさは他のカードローンより一歩進んでいると言えます。融資限度額は標準的の500万円ですが、総量規制の対象外なので年収の3分の1までしか借りられないという制限がありません。400万円~500万円の融資限度額での適用金利は年1.8~6.1%とおまとめや借り換えにもピッタリです。この総量規制の対象外というのは金利庁の横やりが入っても死守するとのことなので安心です。

なぜなら総量規制は専業主婦に大きく関係してきます。バンクイックは現在専業主婦でも30万円までは利用できます。もちろんご主人の許可は必要ないので奥様名義で内緒で借りられます。今後テレビ窓口での契約でも即日融資はできなくなったとしても、この点は変更ないので専業主婦には大変ありがたいカードローンなのです。

学生も切札として使えるキャッシング

お友達付き合いなどで急な出費があるのは学生も一緒。その際にキャッシングでしのぎたいという事も当然あるでしょう。

20歳を過ぎていれば学生であっても多くの業者で申込みが可能です。

例を挙げますと一つがモビットで、安定した定期収入があれば正社員ではなくても申込みができます。

具体的に安定した収入とは主にアルバイトやパートで、学生であってもアルバイト契約をしていれば問題なく審査に通る可能性があります。

しかもモビットの場合はweb完結というサービスもあり、ネットで申込みを行えば電話での在籍確認や郵送物も無くキャッシング完了できますので、

プライバシー的にも安心と言えるでしょう。

返済も10万円以下の借り入れなら月々4,000円と負担はそれほど大きくありません。

もう一つはアコムで、こちらも同じく20歳を過ぎておりアルバイトなど定期収入があれば学生でも申込みを行えます。

そして特徴としては初めての申込みの場合は30日間の無利息サービスがあるという点で、その間に全額返済をすれば一切金利がかからないという驚きの制度です。

加えてアコムは返済サイクルが35日間と、他社よりも期間に余裕がありますので払えなくなるという可能性が軽減されています。

さらに月々の最低返済額が10万円までの借り入れの場合は3,000円ほどと、こちらの面でも負担が少ないと言えそうです。

モビットもアコムも最短で即日融資が可能でありますし、急にお金が必要な際には学生の方でもキャッシングは使える方法です。

出張の多いサラリーマンは出張費用の立替にカードローンは不向き!

今やキャッシュレス時代に突入しており、様々な支払にクレジットカードが利用出来る社会になっています。キャッシュレス社会は支払だけでなく、企業内の出張費用や接待交際費の精算にも深く影響しています。最近では、出張費用や接待交際費を一時的に社員が立替し、後日銀行口座へ振り込みで生産するケースが増えています。

これらの費用は、クレジットカード決済出来る場合であれば問題はないものの、出張や接待が多い人ほどクレジットカード利用可能残高が直ぐに上限に達してしまいます。その結果、即日で契約から融資が出来る消費者金融のカードローン、万が一に備えて銀行カードローンを契約するという方法があるものの、自分自身が損をすることになってしまいます。

確かにカードローンで現金を借り入れ支払は出来るものの、利用した期間の利息は自分自身が負担することになってしまいます。例えば、10万円の立替金とすれば金利18%だとすると1週間で約345円となり、30日で1480円も負担することになってしまいます。特に毎月20万円や30万円も立替すると負担は大きく増加してしまいます。

カードローンは、いつでもどこでも借り入れが自由という利便性があるものの、利用に不向きなケースもあるため、最適なものを見極めることが重要になっています。また、企業側も社員に負担が生じないよう、キャッシュレス化に伴いどのようなリスクやデメリットがあるのか判断し、社内的なシステムを検討することが重要です。

少なからず、キャッシングを利用してまで立替させることが無いようにする必要があります。

キャッシングは順調に暮らしたい主婦にも良い

キャッシングをするというとお金の管理がきちんとできない人、貯金がない人だというようにとらえてしまうようなこともありますが、そうではなく、一時的にお金が足りていないだけだということもあります。特に一家の生活費を管理しているような主婦であれば、固定費の引き落としの日にちが重なったことによって今使えるお金がない、という事態もあり得るものです。

こうした時、主婦が利用できるキャッシングというのは強い味方にもなります。ちょっとした買い物であれば現金のほうが都合が良いこともありますし、手元に現金を残しておきたい時にもキャッシングがあれば安心できるものです。いつでもお金に困らないということは精神的な安定にもつながります。

キャッシングは誰にもバレていません

現在実家暮らしなのですがキャッシングをしています。お金を借りた理由も、大好きなアーティストのコンサートに連続で参加するため。そのため、両親にはとても言えない事情です。コンサートチケットが手に入らなくて、オークションで高値で購入したので予算が足りなくてキャッシングをしてしまいました。

やっぱりいずれは親にバレてしまうかなと不安に感じていたのですが、今は全てWebで完結出来るので全く問題無かったんです。契約書もネットでOKですし、私はカードは使わない方法を選んだのでカードが届く心配もありません。在籍確認はありましたが、これは大きな家電ローンの関係で在籍確認があると会社に伝えておいたのでこちらもok。キャッシングを始めてから大体1年経っていますが、誰にもバレていませんよ。

主婦でも使えるキャッシングの活用とは

キャッシングは利用条件さえ満たしていれば、いつでも利用する事が出来る融資サービスです。キャッシングの利用には審査を通過する必要がありますが、その主な条件は収入状況と利用出来る年齢です。満20歳から満70歳未満までで、一定の収入が得られるのであれば、多くの場合、審査を通過する可能性が高いです。また、申し込んだのが本人である事が確認出来る事も審査を通過するには必須条件となります。

主婦が利用出来るキャッシングは、通常のもの以外にもレディースローンもありますので、都合に合わせて選択していけば良いでしょう。活用方法としては、各種支払いを一時的に立て替えるといった事やショッピング用途などに使うといった事が考えられるでしょう。

主婦が利用するのに適したキャッシングサービスとは

主婦でもキャッシングで借り入れをする事は可能です。利用条件である一定収入がある事と満20歳から満70歳未満である事を満たしていれば、キャッシングの申込みをした上で審査を受けられます。しかし、通常のキャッシングが主婦の用途にマッチしているとは限りません。主にショッピングで使うのであれば、最近大手消費者金融会社が提供している少額の限度額が設定された女性向けのキャッシングサービスの利用が使い過ぎを防ぐ事が出来て便利に使えるでしょう。

女性向けのキャッシングにはレディースローンがあります。このローンは、消費者金融会社の女性スタッフが対応していますので、主婦も利用し易いキャッシングサービスになっています。Web申込みや即日融資も可能ですので、通常のローンと機能面では変わらないのが利点です。

キャッシングの比較はどこを見るか

キャッシングを利用したいと検討している人はキャッシング比較サイトなどを参照することが多いようです。キャッシングの比較の際にはまず目につくのが金利が高いか安いかということですが、銀行カードローンのように金利が低い場合には審査が厳しくなっており、消費者金融のキャッシングのように金利が高い場合には審査が通りやすくなっていますから、金利と審査は表裏一体と言っていいのです。

金利が安くても審査に通らなくてもお金を借りることはできませんし、審査に通りやすいのであれば高い金利を覚悟しなければならないということです。どちらを優先するかはお金が必要である切迫度によって変わってきますが、時間があるならばまずは金利が低いキャッシング業者を検討するという順序でいいでしょう。

ローンカードの再発行で注意することは?

カードローンを利用中、盗難や紛失そして破損といったリスクはゼロではありません。このような場合、ローンカードの再発行をすることになるものの、再発行手続きで注意するポイントがあります。再発行手続きでは、本人確認だけでなく、契約情報の確認が行われることもあります。

住所や電話番号などの連絡先、勤務先や年収といったチェックが行われることもあり、誤った情報の申告が無いようにすることが重要です。更に登録情報の変更漏れがあった場合、契約先での信用が低下してしまうケースもあり、その後の増額申請で不利になる可能性も出てきます。そのため、ローンカードの再発行は間違いが生じないようにチェックを行うのがポイントになります。

クリスマスやお正月にキャッシングを利用する予定がある人は注意が必要

いつでも手軽にお金を借りられる消費者金融のキャッシングですが、年末年始というシーズンは消費者金融の業者も休みに入ってしまうので、このシーズンにキャッシングを新規で申し込むのは不可能になります。

もちろん、キャッシングの申し込み自体は受け付けてはもらえるのですが、審査やローンカードの発行は年が明けてからのことになってしまうので年末年始には事実上、新規の人のキャッシングの利用はストップしてしまうことになるのです。

ただし、年末年始にキャッシングを利用したいというのであれば、前もって取り敢えずキャッシングの申し込みを済ませておくことで年末年始に融資を受けることも可能です。あらかじめローンカードを作っておけばATMですぐにキャッシングができるからです。

使い道が限定されない消費者金融のキャッシング

お財布がピンチの時や予定外の出費があるようなときに非常に重宝するサービスとして消費者金融のキャッシングがあります。消費者金融のキャッシングでは申し込みの手続きをした当日に融資を受けられる点が大きなメリットなのですが、キャッシングにはそれ以外のメリットもあります。

それはキャッシングで借りたお金の使い道を限定されないという点です。たとえば銀行などから融資を受ける場合、借りたお金の使い道は自動車や不動産の購入といった具合に限定されてしまい、ほかの用途で借りたお金を使うことはできません。

それに対して消費者金融のキャッシングでは借りたお金を消費者がどのような目的で使用しても問題がありません。借りたお金の使い道を限定されずに自由に使えるのが消費者金融のキャッシングの魅力です。

今のカードローンで過払金って発生するの?

貸金業者からの借り入れの場合、過払い金が発生している可能性があることから、過払金の返還請求が可能です。ですが、これはあくまで過去の契約において高い金利が適用された状態が継続しているケース留まるため、現在では過払金が発生しないようになっています。

同様に銀行カードローンは、貸金業法の改正以降に提供する銀行が増えたため、適用金利はあくまで利息制限法の上限が適用されるため、発生しないのが実状になります。また、毎月の返済額や利息も利用残高に応じて再計算されるため、過剰に利息が請求されることはありません。

貸金業法の改正以降にカードローン契約をされた方は、過払金の返還請求を行ったとしてもメリットがなく、無駄な労力を使ってしまう可能性が高くなっています。

総量規制対象外のキャッシングとは

消費者金融のキャッシングに、総量規制があることをご存知の方も多いでしょう。この総量規制というのは、借り過ぎを防ぐ目的で、2010年施行の貸金業法から新たに設けられたものです。一言でいえば、キャッシングに限度額を設けるシステムのことで、限度額はキャッシングをする本人の、年収の3分の1に当たる金額となっています。

また消費者金融の利用のすべてが対象になりますので、消費者金融を何社も利用していると、限度額に達し、キャッシングの申込みができなくなってしまいます。しかしどうしても借りたい時には、総量規制対象外のキャッシングを利用できます。

この総量規制対象外とは、たとえば自動車ローンや住宅ローンなどがそれに当たります。その他にも、高額なお金を借りなければならない時には、総量規制対象外となることがありますので、申込む前に事情を話してみるといいでしょう。また個人事業者への貸付けやつなぎ資金関係、緊急医療費の貸付けなども総量規制対象外となります。

それからいくつかのキャッシングを一本化するおまとめローンや、銀行からのキャッシングも総量規制対象外です。銀行は貸金業法ではなく銀行法の監督下にあるため、総量規制そのものがなく、限度額を気にすることなしに利用できるからです。

消費者金融でお金を借りる時の注意点

消費者金融でお金を借りる時の注意点として、総量規制や金利、借入額などがあります。

銀行のカードローンとは違い、消費者金融というのは、貸金業法という法律で個人の借り入れ総額は、年収の3分の1までに制限されていますから、申し込みのは必ず年収の3分の1以内にしておかないと、審査に通ることができません。
また、高額な借り入れを行った場合には、銀行カードローンに比べると金利が高くなるケースも多いため、消費者金融からの借り入れが本当にベストかどうかも十分検討してから申し込むことが大切です。

消費者金融のキャッシングに申し込んでも、審査に落ちてしまうという人がいます。
この審査に通らない理由として考えられるのは、金融事故を起こしている場合や、他社への申し込み記録が多い、クレジットカードの返済遅延や滞納、勤続年数が短いなどが考えられます。

公共料金や携帯の支払いなどを、クレジットカード払いにしている人も多いと思いますが、口座の残高不足によって、引き落としができないというケースもあります。
こういったクレジットカードの返済が遅延してしまったり、滞納するということを何度も繰り返していると、信用情報に登録されてしまい、審査に落ちてしまう原因となってしまいます。

また、安定した収入があれば、パートや学生でも申し込みをすることができますが、勤続年数が1年未満など短い場合には、審査に落ちてしまう可能性も高くなってしまいます。
そのほかにも、他社の借り入れ額が3社以上あるような場合には、信用度が低いと判断されてしまい、審査に通らないケースもありますから、できるだけ借り入れ先を少なくすることが大切です。

このように、消費者金融からお金を借りる時には、事前に自分が借り入れが可能かどうかをチェックすることが大切です。
また、消費者金融からの借り入れが続いていると、徐々に慣れてきてしまい、借りすぎてしまうというケースも少なくありません。

ただ、こういった場合、徐々に生活が圧迫されてしまいますから、借りすぎには十分注意し、計画的に返済することが大切です。