カードローンを利用する時は金利を低い金融機関を選びましょう

カードローンを選ぶ時は「低金利のカードローン」を選びましょうと、書き込まれているサイトが多くあります。カードローンの金利が低ければ低いほど「総返済額は少なくなる」ので、当然金利が低い方がおすすめです。

しかし、各金融機関で提示にしている低金利が適用されるかどうかは、「審査の結果」や「契約限度額」によって変わるため、利用者が必ず低金利で借りることができるわけではありません。

なので、カードローンを利用するなら「上限金利を見る」必要があります。カードローンを取り扱っている金融機関は、銀行と消費者金融ですが、消費者金融より銀行のカードローンの方が「上限金利は低く」設定されています。消費者金融の上限金利は「平均18.00%」に比べて、銀行は金利が高いところでも「約14.00%」で、金利を低くで借入することができます。

クレジットカードのキャッシング枠!契約先によっては消費者金融よりも金利が低いケースも!

キャッシングローンの契約先と言えば、銀行や消費者金融そしてクレジット会社を考えます。金利面なら銀行カードローン、申し込みから融資までのスピードなら大手消費者金融を考えます。ですが、少額の利用限度枠ならクレジットカードのキャッシング枠の方が大手消費者金融よりも低い金利になるものもあります。

大手消費者金融の金利上限は18%と高く、無利息サービスの期間が過ぎると負担が大きくなります。しかし、クレジットカードの中にはキャッシングの適用金利が15%前後というものもあり、カードローンを契約するよりは負担が抑えられます。消費者金融のカードローンは、申し込み条件が非常に良い、取引上の信用が高いといった場合なら低い金利が期待できるものの、実際には上限金利での契約となるケースが多くなっています。もし、金利を重視するならクレジットカードのキャッシングの検討もおすすめです。

キャッシングの利息は消費者金融会社によって異なる

貸金業法の下で運営されている消費者金融会社は、顧客のニーズに応える為に利用者が多いキャッシングサービスに力を入れています。キャッシングで借りたお金は、返済時に借入利率によって利息が計算されて、元金と利息を合算した金額が返済するべき金額となります。この借入利率が消費者金融会社によって異なりますので、その事を利用すれば、ユーザーは返済する時のお金を元金に近い金額で返済する事が出来ます。

キャッシングの利息は必ず発生しますので、ユーザーは計画的にキャッシングを利用するという工夫が必要であり、限度額内で何度も使えるからといって何回も利用しますと、毎回利息が発生してしまい、その分、ユーザーの負担になりますので、借り方を加減しながらキャッシングを使えば、キャッシングは便利なサービスとして使えます。

初心者も心配なし!無利息のカードローンの使い方

最近CMなどでも、無利息という謳い文句を聞くことが増えました。無利息だったら、審査などが大変なのではないか、また条件が多数存在するのではないかと私自身不安に思っていたことがあったので、調べてみました。すると、かなり簡単であることに気がつきました。

まず基本的にインターネットで申し込みができるという点です。来店しなければならないのは、大変だし少し恥ずかしいですよね。それがインターネットから申し込むだけで即日自分の口座に振り込んでもらえたり、返済額を確認できる店舗もあるようです。

また所謂消費者金融だけのサービスかと思っていましたが、銀行がこのような無利息のサービスを行っているところもあるようです。ただし、無利息になるのは条件があります。まず初回の方だけであるということ。こういった会社は新規顧客を獲得するためにこういうサービスを行っているので、初回の方に限定されています。

また、無利息なのは30日間だけであると言うこと。一般的に約一ヶ月が無利息となります。しかし、お金が足りない時は、基本的に給料日前ではありませんか。給料日前の数日間をうまくやりすごしたいという思いでお金を借りる人が多数だと思います。そういう場合、借りる期間は30日よりも短くなる可能性が高いので、こういったサービスを利用してみるのもいいかもしれません。