返済に追われて気付くキャッシングの落とし穴

20代前半で新しく始めた仕事の初期投資、継続、維持が必要で、当時はクレジットカードやキャッシングに関する知識もそれほどなく、クレジットカードを使ったショッピングをし始めました。
次第に一括での返済が困難となり、結果的にはその返済の為のお金が足りず、キャッシングを使って、クレジットの返済をしていました。

キャッシングを利用することにより、返済や出費、急に必要になったお金の工面については、申し込みをした当日、もしくは翌朝には指定口座に振り込みがある為、非常に助かりました。
しかし、一時的なものであり、リボ払いのような返済の仕方をしていた自分は、自分の返済能力に対して、金利が高いことに気付いておらず、気付いたら払っても払っても元金が減らないという状況になっていました。

今でこそ気付いた事ですが、クレジットカードやキャッシングが悪いわけではなく、知識、返済能力もないのに、無駄にカードを入手してしまった自分を反省しています。

キャッシングやカードローンが悪いとは思いませんが、まずは自分の返済能力をしっかりと把握し、最近ではキャッシングをした際の返済シミュレーションもできますので、しっかり計算してから利用する方が良いかと思います。

カードのキャッシング枠は返済金額が高額になりがち

当時は10代で、バイトの収入だけではすぐにお金が底をついてしまいました。
そしてお金が底を尽きた翌日に友達と出かける予定が入りました。

どうしようと思っていると、そんな時たまたま大手クレジットカード会社のクレジットカードを作ったことを思い出しました。
クレジットカードにはキャッシングが付いていたので7万円キャッシングしました。

ネットで携帯でも簡単にキャッシングの申請ができて数分で講座にお金が振り込まれました。とても早くて助かりましたし、安心しました。
それにキャッシングに関する審査などもなく必要な時に簡単に借入できて現金が手元に入ります。

ただ、ショッピングとは違ってキャッシングは手数料が高く、リボ払いなどにすると気づいた時には返済金額が膨らんでしまったりもします。
私は、途中でそれに気づいた時にはかなり手数料を取られていました。さらに、現金が手に入ることで借りているという感覚がなくなります。

ショッピング枠とは違ってクレジットカードのキャッシング枠は返済金額が高額になりがちですし、カードローンなどをする際にマイナスに審査される可能性もあります。
できる限りカードキャッシングは初めから付けないことをオススメします。