総量規制対象外のキャッシングとは

消費者金融のキャッシングに、総量規制があることをご存知の方も多いでしょう。この総量規制というのは、借り過ぎを防ぐ目的で、2010年施行の貸金業法から新たに設けられたものです。一言でいえば、キャッシングに限度額を設けるシステムのことで、限度額はキャッシングをする本人の、年収の3分の1に当たる金額となっています。

また消費者金融の利用のすべてが対象になりますので、消費者金融を何社も利用していると、限度額に達し、キャッシングの申込みができなくなってしまいます。しかしどうしても借りたい時には、総量規制対象外のキャッシングを利用できます。

この総量規制対象外とは、たとえば自動車ローンや住宅ローンなどがそれに当たります。その他にも、高額なお金を借りなければならない時には、総量規制対象外となることがありますので、申込む前に事情を話してみるといいでしょう。また個人事業者への貸付けやつなぎ資金関係、緊急医療費の貸付けなども総量規制対象外となります。

それからいくつかのキャッシングを一本化するおまとめローンや、銀行からのキャッシングも総量規制対象外です。銀行は貸金業法ではなく銀行法の監督下にあるため、総量規制そのものがなく、限度額を気にすることなしに利用できるからです。

返済に追われて気付くキャッシングの落とし穴

20代前半で新しく始めた仕事の初期投資、継続、維持が必要で、当時はクレジットカードやキャッシングに関する知識もそれほどなく、クレジットカードを使ったショッピングをし始めました。
次第に一括での返済が困難となり、結果的にはその返済の為のお金が足りず、キャッシングを使って、クレジットの返済をしていました。

キャッシングを利用することにより、返済や出費、急に必要になったお金の工面については、申し込みをした当日、もしくは翌朝には指定口座に振り込みがある為、非常に助かりました。
しかし、一時的なものであり、リボ払いのような返済の仕方をしていた自分は、自分の返済能力に対して、金利が高いことに気付いておらず、気付いたら払っても払っても元金が減らないという状況になっていました。

今でこそ気付いた事ですが、クレジットカードやキャッシングが悪いわけではなく、知識、返済能力もないのに、無駄にカードを入手してしまった自分を反省しています。

キャッシングやカードローンが悪いとは思いませんが、まずは自分の返済能力をしっかりと把握し、最近ではキャッシングをした際の返済シミュレーションもできますので、しっかり計算してから利用する方が良いかと思います。

消費者金融でお金を借りる時の注意点

消費者金融でお金を借りる時の注意点として、総量規制や金利、借入額などがあります。

銀行のカードローンとは違い、消費者金融というのは、貸金業法という法律で個人の借り入れ総額は、年収の3分の1までに制限されていますから、申し込みのは必ず年収の3分の1以内にしておかないと、審査に通ることができません。
また、高額な借り入れを行った場合には、銀行カードローンに比べると金利が高くなるケースも多いため、消費者金融からの借り入れが本当にベストかどうかも十分検討してから申し込むことが大切です。

消費者金融のキャッシングに申し込んでも、審査に落ちてしまうという人がいます。
この審査に通らない理由として考えられるのは、金融事故を起こしている場合や、他社への申し込み記録が多い、クレジットカードの返済遅延や滞納、勤続年数が短いなどが考えられます。

公共料金や携帯の支払いなどを、クレジットカード払いにしている人も多いと思いますが、口座の残高不足によって、引き落としができないというケースもあります。
こういったクレジットカードの返済が遅延してしまったり、滞納するということを何度も繰り返していると、信用情報に登録されてしまい、審査に落ちてしまう原因となってしまいます。

また、安定した収入があれば、パートや学生でも申し込みをすることができますが、勤続年数が1年未満など短い場合には、審査に落ちてしまう可能性も高くなってしまいます。
そのほかにも、他社の借り入れ額が3社以上あるような場合には、信用度が低いと判断されてしまい、審査に通らないケースもありますから、できるだけ借り入れ先を少なくすることが大切です。

このように、消費者金融からお金を借りる時には、事前に自分が借り入れが可能かどうかをチェックすることが大切です。
また、消費者金融からの借り入れが続いていると、徐々に慣れてきてしまい、借りすぎてしまうというケースも少なくありません。

ただ、こういった場合、徐々に生活が圧迫されてしまいますから、借りすぎには十分注意し、計画的に返済することが大切です。

カードのキャッシング枠は返済金額が高額になりがち

当時は10代で、バイトの収入だけではすぐにお金が底をついてしまいました。
そしてお金が底を尽きた翌日に友達と出かける予定が入りました。

どうしようと思っていると、そんな時たまたま大手クレジットカード会社のクレジットカードを作ったことを思い出しました。
クレジットカードにはキャッシングが付いていたので7万円キャッシングしました。

ネットで携帯でも簡単にキャッシングの申請ができて数分で講座にお金が振り込まれました。とても早くて助かりましたし、安心しました。
それにキャッシングに関する審査などもなく必要な時に簡単に借入できて現金が手元に入ります。

ただ、ショッピングとは違ってキャッシングは手数料が高く、リボ払いなどにすると気づいた時には返済金額が膨らんでしまったりもします。
私は、途中でそれに気づいた時にはかなり手数料を取られていました。さらに、現金が手に入ることで借りているという感覚がなくなります。

ショッピング枠とは違ってクレジットカードのキャッシング枠は返済金額が高額になりがちですし、カードローンなどをする際にマイナスに審査される可能性もあります。
できる限りカードキャッシングは初めから付けないことをオススメします。

初めてのカードローンは土日でも?

去年、初めてカードローンを利用しました。お金を借りない事が小さな誇りでしたが、子供が産まれ家族が増えていくと貯蓄もだんだん減って行きます。

何とかやり繰りしていましたが、子供の小学校入学のタイミングで引っ越す事になりました。貯金額では引っ越し代が足らず、悩んだ結果カードローンを申し込みしました。親や知人に借りる事も考えましたが、どうしても心の整理がつかず断念しました。

ネットで調べ私は銀行系のカードローンが金利も低く借入額も伸びるだろうと考え申込しました。申込は無人機でした。必要書類などを提出して無人機で待っている時間は少し不安でした。本当に借りて大丈夫なのか?間違っていないのか?など。

しかし、一度借りてしまうと不安は払拭されました。一番安心なのは月々の返済額。借入額に対して返済額が決まりますが、余程大きな額ではない限り、無理しなくても楽に返せる額となります。基本は毎月引き落としの返済ですが、繰り上げ返済もATMで可能。1000円から返せるので余裕が出来た時に少しずつ返す。

ネットで残高や期間、利息など全てチェック出来るので安心。残高が減っていくのが見れるのは返すモチベーションにも繋がりました。有効に活用できる方であれば変なプライドは捨ててカードローンを使用してみてください。借りるまでグダグダ悩んだいた自分が幼く感じます。これからもカードローンは計画的に使って行きます。