今のカードローンで過払金って発生するの?

貸金業者からの借り入れの場合、過払い金が発生している可能性があることから、過払金の返還請求が可能です。ですが、これはあくまで過去の契約において高い金利が適用された状態が継続しているケース留まるため、現在では過払金が発生しないようになっています。

同様に銀行カードローンは、貸金業法の改正以降に提供する銀行が増えたため、適用金利はあくまで利息制限法の上限が適用されるため、発生しないのが実状になります。また、毎月の返済額や利息も利用残高に応じて再計算されるため、過剰に利息が請求されることはありません。

貸金業法の改正以降にカードローン契約をされた方は、過払金の返還請求を行ったとしてもメリットがなく、無駄な労力を使ってしまう可能性が高くなっています。

クレジットカード会社のキャッシングは最低利用限度の金額に注目!

キャッシング方法としては、銀行カードローンや消費者金融のカードローンもしくはフリーキャッシング、そしてクレジットカード会社のキャッシングサービスがあります。特にクレジットカード会社のキャッシングでは、クレジットカードに付帯出来るものだけでなく、キャッシング専用のサービスがあり、より低い金利で契約出来るものがあります。

しかし、金利が下がる分、クレジットカード会社にとっては融資リスクが低い契約者を対象とするため、審査が厳しくなる傾向があります。そして、申し込み前に注意しなければならないのが、最低利用限度額がいくらからなのかです。大手消費者金融のカードローンなら1万円から、銀行カードローンなら10万円からといったように少額設定がかのうです。

しかし、クレジットカード会社のキャッシング専用サービスの場合、利用限度額が最低50万円からなど高い設定になるケースもあり、より厳しい審査を受けることになってしまいます。その結果、少ない金額の借り入れを希望しているものの、低金利という点に注目してしまい審査通過が出来ないといったケースもあり得ます。

先ずは、申し込みの際には利用限度額で審査が厳しくなる可能性があるかどうかをチェックすることも重要になり、心配な方は1万円からスタートというものを選ぶのが無難です。少額であれば、金利により利息の差額もあまり大きなものにはなりません。