学生ローンのキャッシングの審査でバイト先についてどこまで聞かれる?

学生がキャッシングをしたいとき、アルバイト収入が不安定・少額と判断されてしまうと大手消費者金融の審査はなかなか通らないものです。そんな時に頼りになるのが中小の学生専門の消費者金融、いわゆる学生ローンです。

どこも10年以上の営業実績のある業者ばかりですので安心して利用できますが、もちろんバイト先についての審査が簡易ではありますが入ります。バイト先に直接電話するケースは非常に稀れですが、バイト先を電話で偽ってもたいていばれてしまうので注意してください。

相手は審査のプロです。バイト先のバイトの様子やシフトの入り方など、実際にそこでアルバイトを続けていなければ分からないようなことをポイントをついて尋ねられます。バイトをしていると嘘をついてもだいたいバレてしまいます。お気をつけ下さい。

クリスマスやお正月にキャッシングを利用する予定がある人は注意が必要

いつでも手軽にお金を借りられる消費者金融のキャッシングですが、年末年始というシーズンは消費者金融の業者も休みに入ってしまうので、このシーズンにキャッシングを新規で申し込むのは不可能になります。

もちろん、キャッシングの申し込み自体は受け付けてはもらえるのですが、審査やローンカードの発行は年が明けてからのことになってしまうので年末年始には事実上、新規の人のキャッシングの利用はストップしてしまうことになるのです。

ただし、年末年始にキャッシングを利用したいというのであれば、前もって取り敢えずキャッシングの申し込みを済ませておくことで年末年始に融資を受けることも可能です。あらかじめローンカードを作っておけばATMですぐにキャッシングができるからです。

使い道が限定されない消費者金融のキャッシング

お財布がピンチの時や予定外の出費があるようなときに非常に重宝するサービスとして消費者金融のキャッシングがあります。消費者金融のキャッシングでは申し込みの手続きをした当日に融資を受けられる点が大きなメリットなのですが、キャッシングにはそれ以外のメリットもあります。

それはキャッシングで借りたお金の使い道を限定されないという点です。たとえば銀行などから融資を受ける場合、借りたお金の使い道は自動車や不動産の購入といった具合に限定されてしまい、ほかの用途で借りたお金を使うことはできません。

それに対して消費者金融のキャッシングでは借りたお金を消費者がどのような目的で使用しても問題がありません。借りたお金の使い道を限定されずに自由に使えるのが消費者金融のキャッシングの魅力です。