専業主婦にはバンクイックがオススメ

最近金融庁から目の敵にされている感のあるのが銀行カードローンです。特にメガバンクのカードローンがその傾向が強く、三菱東京UFJ銀行カードローンであるバンクイックも影響を受けています。例えば阿部寛のCMが全く放送されなくなり、50万円以上の借入から収入証明書の提出が必要となりました。今後は即日融資も不可能となるなど、利便性はやや下がることも考えられます。

それでもバンクイックの借りやすさは他のカードローンより一歩進んでいると言えます。融資限度額は標準的の500万円ですが、総量規制の対象外なので年収の3分の1までしか借りられないという制限がありません。400万円~500万円の融資限度額での適用金利は年1.8~6.1%とおまとめや借り換えにもピッタリです。この総量規制の対象外というのは金利庁の横やりが入っても死守するとのことなので安心です。

なぜなら総量規制は専業主婦に大きく関係してきます。バンクイックは現在専業主婦でも30万円までは利用できます。もちろんご主人の許可は必要ないので奥様名義で内緒で借りられます。今後テレビ窓口での契約でも即日融資はできなくなったとしても、この点は変更ないので専業主婦には大変ありがたいカードローンなのです。

学生も切札として使えるキャッシング

お友達付き合いなどで急な出費があるのは学生も一緒。その際にキャッシングでしのぎたいという事も当然あるでしょう。

20歳を過ぎていれば学生であっても多くの業者で申込みが可能です。

例を挙げますと一つがモビットで、安定した定期収入があれば正社員ではなくても申込みができます。

具体的に安定した収入とは主にアルバイトやパートで、学生であってもアルバイト契約をしていれば問題なく審査に通る可能性があります。

しかもモビットの場合はweb完結というサービスもあり、ネットで申込みを行えば電話での在籍確認や郵送物も無くキャッシング完了できますので、

プライバシー的にも安心と言えるでしょう。

返済も10万円以下の借り入れなら月々4,000円と負担はそれほど大きくありません。

もう一つはアコムで、こちらも同じく20歳を過ぎておりアルバイトなど定期収入があれば学生でも申込みを行えます。

そして特徴としては初めての申込みの場合は30日間の無利息サービスがあるという点で、その間に全額返済をすれば一切金利がかからないという驚きの制度です。

加えてアコムは返済サイクルが35日間と、他社よりも期間に余裕がありますので払えなくなるという可能性が軽減されています。

さらに月々の最低返済額が10万円までの借り入れの場合は3,000円ほどと、こちらの面でも負担が少ないと言えそうです。

モビットもアコムも最短で即日融資が可能でありますし、急にお金が必要な際には学生の方でもキャッシングは使える方法です。

出張の多いサラリーマンは出張費用の立替にカードローンは不向き!

今やキャッシュレス時代に突入しており、様々な支払にクレジットカードが利用出来る社会になっています。キャッシュレス社会は支払だけでなく、企業内の出張費用や接待交際費の精算にも深く影響しています。最近では、出張費用や接待交際費を一時的に社員が立替し、後日銀行口座へ振り込みで生産するケースが増えています。

これらの費用は、クレジットカード決済出来る場合であれば問題はないものの、出張や接待が多い人ほどクレジットカード利用可能残高が直ぐに上限に達してしまいます。その結果、即日で契約から融資が出来る消費者金融のカードローン、万が一に備えて銀行カードローンを契約するという方法があるものの、自分自身が損をすることになってしまいます。

確かにカードローンで現金を借り入れ支払は出来るものの、利用した期間の利息は自分自身が負担することになってしまいます。例えば、10万円の立替金とすれば金利18%だとすると1週間で約345円となり、30日で1480円も負担することになってしまいます。特に毎月20万円や30万円も立替すると負担は大きく増加してしまいます。

カードローンは、いつでもどこでも借り入れが自由という利便性があるものの、利用に不向きなケースもあるため、最適なものを見極めることが重要になっています。また、企業側も社員に負担が生じないよう、キャッシュレス化に伴いどのようなリスクやデメリットがあるのか判断し、社内的なシステムを検討することが重要です。

少なからず、キャッシングを利用してまで立替させることが無いようにする必要があります。

自動契約機でのキャッシングにおける注意点

消費者金融などの自動契約機によるキャッシングは問題がなければ1時間程度で融資を受けることができます。

つまり、最短で融資を受けることができる契約方法ともいえます。

ただし条件によっては必要な書類や身分証明書を事前に準備する必要があり、書類がないと契約自体ができないこともあります。

基本的に必要なのは身分証明書です。

運転免許証、健康保険証を会社員なら準備しておきましょう。この2つでほぼ事足ります。

初めての契約なら大きな金額にはならないので必要ありませんが、金額が大きい場合は収入証明も準備しておきましょう。

会社から発行される源泉徴収票が一番間違いないです。

必要な書類さえ準備して問題なければすぐに融資を受けられますが、必要な書類がないと1からやり直しになります。

各業者のHPなどを見て事前に確認しておきましょう。

J.Score(ジェイスコア)はペイジーに対応している

J.Score(ジェイスコア)は返済方法に関して、かなり便利な側面があります。

というのも、J.Scoreではペイジーによる返済が可能となっているのです。

ペイジーを利用すると、いろいろなメリットが存在することになります。

例えば、24時間いつでも返済ができるということが言えますし、返済のときにかかる手数料が無料となっているのです。

あとはJ.Scoreでペイジーを選択すると、返済日を自由に決められるということにもなっています。

だから、ペイジーを利用して返済をするとかなり利便性が高いということになるのです。

ペイジーはどの消費者金融でも選べるとは限らないので、J.Scoreではそういう選択肢があるということを頭に入れておいてほしいと思います。

楽天スーパーローンの審査についての考察

インターネットなどでは楽天銀行のカードローンは借りやすいという口コミを見ることがあります。楽天スーパーローンは消費者金融ではなく、れっきとした銀行のカードローンですから、審査が緩いわけではありません。

楽天スーパーローンが借りやすいというイメージがあるのは否定できませんが、それはクレジットカードの楽天カードの審査が通りやすいという事実と楽天スーパーローンの金利水準が他の銀行カードローンと比べても低くないということからでしょう。

クレジットカードの審査とカードローンの審査とごっちゃにしてはいけませんが、楽天の文字が同一であることからイメージがつきやすいのかもしれません。そして、金利と審査はトレードオフなので楽天スーパーローンの審査は金利が安い他の銀行カードローンよりも厳しくならないのは当然です。